《約300g》漢方和牛ローストビーフ

  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
販売価格
¥6,400円(税込)
数量

\\ 全品送料無料実施中! //

※沖縄・離島を除く

漢方飼料を食べて健康的に育った牛。牛肉本来のおいしさ、肉質にこだわって
試行錯誤を重ねて誕生したのが「漢方和牛」です。
肉の融点が低い・・・口の中でとろけるような食感、脂もさらりとして
食べやすく、おなかに負担もかけにくい。
からだにやさしく、おいしい。


『漢方和牛 ローストビーフ』はつむぐでも人気商品!
東京ビジネスサミット《隠れた逸品コンテスト》で“準賞”をいただいた自慢の商品です。
漢方和牛の美味しい赤身肉を塩と香辛料だけで丁寧に仕上げました。
やわらかい食感なので、年齢を問わず贈り物やおもてなしの一品としてもおすすめです。
漢方和牛でしか出せない旨みと“しっとり”とした食感をぜひご堪能ください。


原材料名:牛肉(宮城県産)、食塩、香辛料、ブドウ糖
[内容量:約300g]
※写真はイメージです
※こちらの商品は【冷凍品】です。



関村牧場のこだわり
漢方は、人を健康に保ち自然治癒力を高める東洋の知恵。“人にいいものは牛にも良いはず” と関村場長が考え生み出した、漢方和牛。「福島・二本松の漢方卵は、桑の葉などいろいろなものが使われた餌で、鶏舎ににおいがなかった。これはいいと感じもらって牛に食べさせてみたら、食べた。これはいけると思ったよ」研究を重ね、4種類、7種類と増やしていき、最終的に14種類に。肉の質を吟味しながら試行錯誤を重ね、今のブレンドに落ち着きました。関村場長の情熱の結晶です。



おいしさの理由はデータで見える。豊富な旨み成分
『漢方和牛』のおいしさの理由はデータではっきり見ることができます。赤身の代表格、漢方和牛のモモに含まれるアミノ酸の含有比はなんと黒毛和牛の1.5倍。また、大豆や昆布の旨みのもととなるグルタミン酸は約2倍以上にも。牛肉本来の甘みと旨みがたっぷり含まれています。



毎日食べたい!後味さっぱり、ヘルシーな脂。
漢方和牛は、脂肪分の融点が21.3〜22.8℃とかなり低い温度で融けます。一般的には人の体温が約36℃。体温で融ける脂は体内に脂肪をためない健康に良い牛肉と言えます。コレステロールが気になる方にも、気兼ねなくお腹いっぱい食べていただけるのが『漢方和牛』です。

商品カテゴリー

コンテンツ

ホームへ戻る
カテゴリーから探す
価格帯から探す
ショップについて
お問い合わせ
アカウント